Fighting WOMAN

みんな、毎日戦っている 経理・ファイナンシャルプランナーのアラサーiiiiRyyです。会社員としてのキャリア、人間関係や、女性ならではの悩みに向き合いながら、日々奮闘しています。このブログが、同じような境遇の方達に少しでも寄り添い、何かのお役に立てれば幸いです。

女性は会社の華であるべきか

f:id:iiiiRyy:20170908174958p:plain

前回申し上げた通り、今の会社は女性の数が圧倒的に少なく、男性社会です。

特に本社には2人しかいないこともあり、

良くも悪くも、2人は比較されていると私は思います。

 

私自身を自己分析すると、仕事はできる方だと思う(7年いればできるようになります)、笑顔を心がけているし、人に対する態度もいい方だと思う。ただ、感情が出やすいので、怒ったりもします。仕事には誇りを持っていて全力なので、仕事には厳しいです。

 

かたや、年上の後輩さんは、人当たりはいいです。明るい方です。

でも、仕事はできません(あくまで主観です)。同じことを何回も聞いたり、注意しても返事だけで治らなかったり、開き直ったり、笑ってごまかしたりするので、私は何度も怒ったりしました。

仕事は楽しければいい、という言葉を入社1日目にいっていたので、あまり向上心もないように感じます。

 

そんな場面ばかり周りは見ているので、私はみんなから怖がられていると肌で感じます。仕事では頼りにされていますが。

でも、彼女はとてもみんなから印象が良いです。彼女がかわいそう、と言う人までいます。

 

彼女がどれだけ仕事ができなかろうと、周りは、そんなことどうでもよいのです。

話しかけやすく、なんでもハイハイ言ってくれる人であれば。

だって、仕事ができなくても、彼らに直接の害はないのだから。

害を受けるのは直属の私だけ。

 

そんな状況が続くものだから、私自身も、なんとなくもうどうでもよくなり、心がすさんで、最近はあまり笑わなくなりました。

会社の人と一緒にいても、彼女ばかりだし、楽しくないから行きません。

でもそれが、逆に彼女と私の立場を逆転させているとはわかっています。

彼女は飲み会でどんどん仲間を増やしていくし、私は孤立していく。

毎週金曜日は夜に専門学校に通っているのも行けない理由だけれど、そんな努力は人にはわからない、言うつもりもないですけど。

 

 

会社にとって、彼女は女性らしく、なんでも頼みやすい、なんでもはいはいとやってくれる、顔の造形は関係なく、まさに会社の華なんだと思います。

 

人は、組織の中で、少数派の人間を、「個人」としてではなく、「象徴」としてみます。

 

私たちは、個人として見られていない、「女性」という「象徴」の代表なのだ。

 

最近それがわかってきました。

でもわかった時には手遅れだし、それがどうにかなるとも思わない。

 

もし私が男性だったら、私の態度なんて、少し威厳があって頼りになる人くらいにしかならないのに、女性というだけで「怖い」「お局」「女のくせに生意気」「何もできないくせに」となる。

 

「個人」として会社のためにも、能力を向上してがんばっているのに、「象徴」としか見られず、比較される。

 

がんばり方が違ったのかな。

私は間違っているのだろうか。

他にもっと賢いやり方があったのだろうか。

 

と思うこともあるけれど、周りはなんといおうと、

私は私、あっちはあっち、生き方が違うだけ

 

と言い聞かせるようにしています。

 

会社にとって、女性は、社会が長年構築して作り上げた「女性」であるべきなのでしょうか。

 

野心を持たず、男性のサポート役として、慎ましく、優しく

 

そんな人がいたら、私だってほしいくらいですけどね。